建築図書電子化

フォルテック一級建築士事務所様

多くの保管スペースが必要な建築設計図書を電⼦化し、⻑期署名を⽤いることで、スペース不要で法律に則った15年保管を低コストで実現。

課題

  • 建築設計図書は15年間の保管義務があり、紙原本での保管は、保管場所の確保や管理に多大なコストが継続的に必要だった。
  • 保管対象を紙から電子データにすることで、保管の問題を解決することは可能だが、データ化することで、改ざん、修正、すり替えなどが比較的容易にできてしまい、その痕跡が残りにくいという課題があった。
  • 保管した情報の共有や検索など、過去の情報を取り出すことが困難だった。

構成

fortech

効果

  • 膨大な過去の資料も同様に電子化・長期署名することで、保管スペースが空き、有効利用できるようになった。
  • 電子署名とタイムスタンプを用いた長期書名データを作成することで、該当建築設計図書のデータ作成日時が明確になった。
  • 改ざん、修正されていないことの確認が必要とされる場合に、データ提供を受けた第三者でも容易に検証できるため、真正性を担保できるようになった。
  • 電子データ情報が精査されたことで検索性が向上し、過去資料の情報抽出が容易になった。

フォルテック一級建築士事務所の皆様
フォルテック一級建築士事務所の皆様

関連製品・サービス

eviDaemon

eviDaemon

長期署名フォーマットデータを生成、検証できるクラウドサービス