医療情報電子化

慶應義塾大学病院 様

同意書等病院内で発生する紙文書をスキャナ保存による電子化。長期署名で厚生労働省のガイドラインに準拠。

課題

  • 医療情報は重要な個人情報であるため、紙原本による運用は、煩雑な業務処理のうえ、保存管理にも最善の注意を要すため、業務効率向上と保管コストの削減が課題であった。
  • ガイドラインに対応したシステム(電子署名とタイムスタンプ付与)であれば、電子化が可能になったが、処理が複雑な上にスタンプ料金も高価だった。
  • 電子化保存の場合、将来にわたって電子データの真正性が担保され、検証できる必要がある。

構成

eviDaemon for XAdES

eviDaemon for XAdES

効果

  • 紙媒体で受け取った重要文書をスキャナで電子化し、医療情報システムに取り込むことで、業務効率が改善されました。

関連製品・サービス

eviDaemon

eviDaemon

長期署名フォーマットデータを生成、検証できるクラウドサービス