契約書×(認定タイムスタンプ+電子署名)

知的財産保護のためのタイムスタンプセミナー 電子データの真正性を担保し、これまで契約書のやりとりにかかっていた印紙代、切手代も不要に。


取引先から受領した契約書や見積書、注文書、請求書などの財務・税務関係書類を始めとして、各種法令により民間企業がその保存を義務付けられている文書について、その保存方法はかつては紙媒体に限定されていましたが、現在では電子データでの保存も認められています。このとき、電子化文書の真正性を担保するため、電子署名と一緒に「時刻認定業務認定事業者」のタイムスタンプは必須の要件となっています。

認定タイムスタンプ+電子署名で、契約書の原本性を確保。

契約締結の電子化にもデジタルエビデンス・ソリューションなら容易に対応。
契約書はもちろん、注文請書などに貼付する印紙代、郵送時にかかる切手代が不要になり、大幅な経費節減を実現できます。
またWebブラウザを使って自由に契約書をやりとりできるため、取引先や協力会社などにも経済的な負担をかけることなく簡単に電子契約システムを導入可能です。さらに印刷、製本、発送にかかっていた業務負担も軽減。業務効率も大きく向上できます。

保存が義務付けられている契約書を安全に電子化。

注文書、請求書などの「国税関係書類」を電子でやりとりする際に、その取引が適正に行われたことを、後日証明できる保全がなされれば紙での保存は必要ありません。
デジタルエビデンス・ソリューションなら、認定タイムスタンプと電子署名によりシンプルな手順で電子的に授受日時と内容の非改ざん性を担保。文書の安全な電子化、保存に、そして万一の際の証明に欠かせないソリューションです。

クラウドやWebを利用することで容易に導入でき、簡単に管理できる。

セイコータイムスタンプサービスの「かんたん電子契約」なら設備投資は不要。インターネットに接続できる環境とWebブラウザがあれば始められるため、自社はもちろん、取引先にも容易に導入できます。さらにセキュアなファイル送受信・共有を実現するオンラインストレージにより、締結した契約書の配布・収集・保管も安全かつ簡単です。これまで細心の注意を払っていた秘密鍵の運用に手間もかかりません。

関連製品・サービス

かんたん電子契約

かんたん電子契約

ブラウザ上で契約書の締結、保存、閲覧および真正性を証明

eviDaemon

eviDaemon

長期署名フォーマットデータを生成、検証できるクラウドサービス

資料ダウンロードはこちらお問い合わせはこちら