DFFT(データ・フリー・フロー・ウィズ トラスト)と
トラストサービスについて

DFFTとは、Data Free Flow with Trust(信頼ある自由なデータ流通)の頭文字をとったものです。
2019年1月23日に行われた「ダボス会議」で安倍晋三首相は「成長のエンジンはもはやガソリンではなくデジタルデータで回っている」、そして「新しい経済活動には、DFFT=Data Free Flow with Trustが最重要課題である」と提言しました。単なる、データ流通ではなく、トラストのある自由な流通です。
そして、6月29日G20大阪サミット首脳宣言においても、「データや情報等の越境流通は、生産性の向上、イノベーションの増大をもたらす一方で、プライバシー、データ保護、知的財産権及びセキュリティに関する課題を提起、これらに対処することにより、データの自由な流通を促進し、消費者及びビジネスの信頼を強化する。DFFTはデジタル経済の機会を活かすものである」と提言しました。

デジタルデータは、痕跡もなく改ざん、ねつ造が可能で、プライバシー、データ保護、知的財産権及びセキュリティに関する課題への対処ができなければ大変なリスクとなります。
これからの社会は、いかに正確な情報を入手できるかにかかっていると言っても過言では無いでしょう。これが、Data Free Flow with Trustのコンセプトだと思います。

トラストサービス

DFFTのコンセプトを実現するには、

  • ・正確な相手認証
  • ・誰もが納得する情報の完全性

を確認できる基盤の構築が必要となります。この基盤こそがトラストサービスです。

トラストサービスは、「デジタル時代の新たな IT 政策大綱」(令和元年6月7日内閣IT総合戦略本部)に「安心・安全なデータ流通を支える基盤となるトラストサービス(データの存在証明・非改ざん性の確認を可能とするタイムスタンプや、企業や組織を対象とする認証の仕組みなど)」と記載されています。
また、「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」の改定(令和元年6月14日閣議決定)では、「Society 5.0の実現に向けては、ヒト・組織・ネットワークにつながるモノの正当性の確認やデータの完全性の確認を行うための仕組みであるトラストサービスが必要となる。」と、DFFTのコンセプトでSociety5.0の実現にむけて、トラストサービスの役割が期待されています。

  • ・タイムスタンプについてはこちら
  • ・長期署名クラウドサービスについてはこちら

関連製品・サービス

eviDaemon

セイコータイムスタンプサービス

必要なタイムスタンプ数と接続方法に応じて選べる

タイムサーバー

eviDaemon

長期署名フォーマットデータを生成、検証できるクラウドサービス