タイムスタンプ入門

あらゆるビジネスシーンで信頼性と安全性を高めることができる
「タイムスタンプ」の活用例や特長をご紹介します。

タイムスタンプとは

タイムスタンプは、認定されたタイムスタンプサービス事業者により発行される電子的な時刻証明書です。

[時刻認証] [存在証明]

DFFT(データ・フリー・フロー・ウィズ トラスト)とトラストサービス

2019年1月23日に行われた「ダボス会議」で挙げられた、Society5.0の実現にむけた、単なるデータ流通ではないトラストのある自由なデータ流通、「DFFT」について解説いたします。

[DFFT] [トラストサービス]

トラストサービスの公的枠組み

「Society5.0」の基盤となる、データの完全性を確保する仕組みとして、 公的認定制度を始めとする、タイムスタンプやeシールなどのトラストサービスの公的枠組みの具体的な検討が始まっています。そのために総務省にて設定された「トラストサービス検討ワーキンググループ」有識者会議の最終とりまとめ(案)について解説します。

[トラストサービス] [認定制度]

ヨーロッパのeIDAS規則とトラストサービス

「eIDAS規則」とは、流通するデータの信頼レベルを保ち、EU域内の文化・経済・政治の異なる国を跨いで健全な電子取引ができるように、本人確認の電子IDや、電子署名、タイムスタンプ等のトラストサービスの統一基準を定めた画期的な直接法です。この「eIDAS規則」について、詳しく解説します。

[eIDAS規則] [トラストサービス]

eシール(Electronic seal)とは

子取引を活性化するために、EUのeIDAS規則でトラストサービスのひとつとして規定された「法人向けのツール」が、「eシール」です。今回は、この「eシール」について、タイムスタンプや電子署名との違いや用途なども含め解説いたします

[eシール] [eIDAS規則] [トラストサービス]

Acrobatでのタイムスタンプ利用方法

アドビシステムズ社 Acrobat Standardでの電子署名、タイムスタンプの利用方法をご紹介します。

[Adobe CDS]

コードサインとタイムスタンプによるWebセキュリティ確保

コードサインは、電子署名とタイムスタンプを用いた、個人情報や機密情報流出のリスクからユーザーを守る重要な仕組みです。

[サンドボックス] [コードサイン]

サマータイム、うるう秒とタイムスタンプの関係

世界標準時(UTC)、日本標準時(JST)、サマータイム、うるう秒・・・いずれも時刻に関わる単語ですが、それぞれはタイムスタンプどのような関係にあるかを簡単に説明いたします。

[サマータイム] [うるう秒]

PDF電子署名による電子契約と印紙税

従来の紙文書での契約書のやり取りを、電子データによる電子契約に置き換えることで、印紙税に関して非課税扱いとすることができるようになります。

[電子的契約書] [印紙税]

PDF電子署名・タイムスタンプによる先使用権確保・電子包装

電子データのまま知的財産情報の保護が行えるタイムスタンプが注目されています。

[知的財産] [先使用権]

INPITタイムスタンプ保管サービスとは

独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)による「タイムスタンプ保管サービス」について説明します。知的財産保護に有用な、公的機関によるタイムスタンプの長期保管サービスです。

[知的財産] [先使用権]